FC2ブログ

記事一覧

2018年10月31日 僥倖編スタート

僥倖

カイジじゃないけど、まさに僥倖、チャンス到来。

いつまで22000円以下か?

2年前の最安値15000~16000円になることが2度とないように、たぶん22000円以下で買えることが2度とないような気がする。

もうすでに株をもってる人と22000円になるまでに購入した人は勝ち組でまちがいない。

22000円を超えてから購入すると、だんだん危険度が増していき、ヘタをすると総トータルで損失になるおそれがある。

もう早いもの勝ち相場になった。

日経平均22000円になる前に買えばまず勝てる相場になった。

株は安い時に買って高い時に売らないと利益にならない。

安い時に買いを見送ると当然利益にならない。

2016年のときの底値15000~16000円。

このときはほぼ底値買いで買いは成功したと言える。

しかし売り時24000円を見送り23000円、22000円とどんどん下落していき21000円の底値の中の一番の底値で売却。

今回2018年の底値買は売り時を間違えないようにしたい。

本日は窓開け陽線でおわった。

反転相場となる可能性が非常に高い。

1031.jpg

伝説の相場師リバモアさんの教えである、ピボタルポイントを発見してからのピラミッティング投資が大成功。

昨日の保有株数1株から120株に増やし、44,640円の含み益となった。

本来であれば、信用取引も駆使してこの10倍の株数を所有してれば446,400円の含み益となってるところである。

でも、それをしないのは、まず100%近く勝てるのは間違いないが、なにが起きるかわからない。

震災、ミサイル、でかい不祥事。確率は極めて低いが、でかく資金投下すると、でかい大損となる可能性がある。


あと、私自身の考えとして、たとえ今日40万円の含み益があったとしても現実に手にしたお金ではない。

また、確率は低くても逆の目が出ることがある。マイナス40万円という風に。

じつは、私はプラス40万円もプラス4万円も、うれしさはどちらも同じというのがある。

逆のマイナス40万円とマイナス4万円ではマイナス40万のときは苦しさが10倍となる。

嬉しさが同じで、苦しみが10分の1で済むなら、ばかでかい勝ちを狙わずほどほどの勝ちで良いのではないかと。

そう考えたとき、あまり欲をかかずに、ほぼ確実に勝てるとわかっていても、ほどほどの利益で良いと。

しかし、この含み益44,640円、仕事して稼ごうと思ったらどれほど大変か。

もう十二分に満足です。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント