FC2ブログ

記事一覧

おめでたい人間(自分)が都合良く考えているシナリオ

まあ当然、おめでたい人間が考えてるとおりにはいかないだろうけど。

日本株の長い長い歴史をみてみると、

1880年~1920年 40年間上昇 株価2円→20円 10倍
1920年~1950年 30年間停滞 20円→20円 1倍
1950年~1990年 40年間上昇 20円→30000円 1500倍
1990年~2020年 30年間停滞 30000円→30000円 1倍
2020年~2060年 40年間上昇 30000円→?

このようになっていく予定である。

あくまでも予定。

超長期100年、50年チャートをみてみると。



参考 100年チャート

100年チャート


参考 50年チャート

50年チャート

チャート引用元 http://kapok.mydns.jp/business/nikkei225-historical-chart/



最近株持ってる人は昔に比べて安値で売る人はいるが、安すぎる値段では売らない人が増えたような気がする。

ずっと持ち続けてると5倍も10倍も値上がりするかもしれないと考えると、安すぎる値段では売ろうとは思わないかもしれない。

リーマンショックのようなことがあると、損切りが大切だということが良くわかるが、逆にリーマンショックの時に株買って持ってればその後5~10倍に値上がりするということも、現在は知ってる人が結構いると思う。

つまり、リーマンショック時には将来5~10倍になるということを知ってる人は極少数であったが、現在は多くの人が知ってるということです。

また、長い年月で見ると株価は確実に上昇してるけど、人生のサイクルと合わないところがある。

サイクルが合わなかった1920年1990年株買った人は不幸になっている。

1929年アメリカの世界恐慌のときも、もとの株価1倍になるまで30年の歳月がかかっている。

自分の人生と上昇期のサイクルが合えばいいのだが。

あと、人は損をしたときは大大的に喧伝(世間に言いはやし伝えること。盛んに言いふらすこと)するが、儲かったときは、利口ではない人間を除いて、あまりバレないように目立たないように黙っているということはある。

儲かったと周りに言いふらすと、税務署がくるか泥棒がやってきて、あまり良いことはないということを知っている。

これは、余談ですが、情報商材ビジネスをやっていた「ヨザーさん(仮名)」という方が大儲けしたと大大的に喧伝(けんでん)してたら、税務者がやってきてガッポリと税金でもっていったそうです。

それに懲りて現在は税務署がやってこないところ(海外)で生活しています。

まー、大儲けしてる人は日本で暮らしてもらって、税金ガッポリ払ってもらったほうがいいですね。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント