記事一覧

富裕層の株式投資法は株数を増やすこと。

富裕層の株式投資法

「安い時に大量に買う」ことを実践し「株数を増やす」ことを目的としている。

日頃の株価の値動きに一喜一憂せず、「暴落時に株を買う」、「配当を再投資する」ことで、

株数を増やす」ことをしている。


普通の人の株式投資法

「人気化してバブルになった株式を買う」、「高値を追う」、「安い時に買わない」、「下落局面で株を売る」

ことをやっていて、日頃の株価の値動きに一喜一憂し、

株数を減らす」ことをしている。


ここで重要なのは、富裕層の投資法が成功するとは限らない

株価下落局面では、普通の人の株式投資法では、「下落局面で株を売る」ことにより心配事から解放される。

富裕層の投資法だと含み損がどんどん増えていくことがある。

下落しているときの短期間だけで見ると

コメント

No title

市場がガタガタし始めているので、そろそろ物色してます。
やっぱ安い時だけ買い物して富裕層の仲間入りしたいですねー。

No title

招き猫の右手さん
コメントありがとうございます。

下落局面だと心が折れそうになります。

徳川家康じゃないけどなるべく成功者と同じ手法で忍耐強く足固めをしていきたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント