記事一覧

ダウのダウンと同じく日経ダウンしそう

休場明けダウ平均が大幅高スタートから26000ドル台に到達する場面があった。

しかし、急降下の展開。

大幅に下げて終えた。

ドル円は米株の失速でドル売りの流れが継続。

110円40銭近辺で推移している。

CME225先物は215円安の23735円。

ドル建てが200円安の23750円で取引を終えた。

ダウが大幅高となりながらも下げて終えたことで、日本株にはネガティブな影響が想定される。

CME225先物は23700円台を示唆しており、きのうの日経平均の上昇分(236円高)程度の下げとなる可能性もある。

米国株は悪材料で売られたというよりは、年初からハイペースの上昇が続く中、到達感からの売りという印象が強い。

序盤はCME225先物に寄せて安く始まるであろうが、下では5日線(23763円、16日)が意識されて下げ渋り、その後は値を戻す展開を予想する。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント