記事一覧

高須院長のマネをするといい。

高須先生



松居一代が還暦祝いに2000万円の高級外国車を購入!


「彼女が注文したのは真っ赤な特注のベントレー。自らの還暦祝いだそうです。V8エンジンを搭載したコンチネンタルGTの新型で、8月1日に納車される予定です。2000万円を超す代金はキャッシュで支払われました」(芸能関係者)


「週刊文春」7月27日発売号では、松居が30億円ともいわれる総資産を築いた過程を詳らかにするとともに、
領収書の偽造・改竄による“脱税疑惑”について、元従業員が告発している。


詳細はこちらをクリック。
引用元「週刊文春」編集部2017/07/26


税金ごまかして「この世」でどんなに莫大な財産を築いても、「あの世」には1円も持っていくことができない。

わたしが常日頃から思っていることは、「困ってるときは助けてもらい、余裕があるときは分けてあげる」。

みんながこういう気持ちになると、人は安心して豊かな生活を送ることができる。


将来のことはわかりませんが、大変ありがたいことに、いま現在はわたしは、ほんの少し余裕がある状態です。

天のおかげ、世間のおかげ、私のことを応援してくれる人のおかげと感謝しています。

おかげさまで、ごくごくわずかですが寄付をさせてもらっています。

寄付をさせていただくことができる状態というのがありがたいことだと感謝しています。


今、時代は良い時代だなと思います。

それは、高須院長のように莫大な財産を、困ってる人、苦しんでいる人に分け与える人評価を受け称賛される時代になったからです。

ひと昔前だと、老害浅野ジジイのような人間が、「ズバリ物事を言うコメンテーター」とかいわれて評価されたかもしれません。



一世を風靡した女優さんでもあるので、警察官も敬意をはらって丁寧な態度で取り調べをしてあげてほしい。


これは、本当に余計なお世話で、筋違いなことなのですが、
松居さんのように莫大な財産持って高級外車をポンと買うような余裕があるならば、
たまたま時勢の関係で困っておられる石原真理子さんのような方に
支援をしてあげればいいのになーと思う。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント