記事一覧

高須院長がやっていること

高須院長
通常、お金持ちというのは「どうだ、自分は偉いだろう、こんなにたくさん財産をもってるぞ」とやって、多くの人達から「ねたみ」の感情を持たれたり「何かやらかして失敗する」ことを望まれる。

しかし、多くの人達から応援をされる高須院長。

お金持ちで財産をたくさん持ってるのになぜ応援されるのか?

これは、天が味方をしてるとしか思えない。

高須院長のやってることを知れば、なぜ天が味方をするのかよくわかる。


僕はもともと貯蓄ってものに興味がないんです。
だって死んじゃったら、あの世に持っていけないじゃない。
だから、生きている内にいっぱいいいことをして、神様に褒めてもらおうと。
赤坂でもビッグイシューを売ってるホームレスの人いるじゃない? 
あれも僕は買うしね。つまり、この世で寄付したり、いいことをすると、あの世に積み立てができるってことです。
あの世とのマネーロンダリングだよ(笑)。

出典 高須クリニック院長・高須克弥さん 「ボクにとって赤坂は青春の街だった」 - 赤坂経済新聞

困っている人を助けてあげたいんですよ。
幼い頃から母親に人を喜ばせるのが何よりも大切だと教わっていましたし、
人に喜ばれると嬉しいからね。

出典 高須クリニック院長・高須克弥さん 「ボクにとって赤坂は青春の街だった」 - 赤坂経済新聞

高須院長はよく知っておられる。

松居一代さんはご存知でないと思いますが、この世で、いくら莫大な財産を貯めこんでも、1円もあの世へ持っていくことができない。

高須院長は莫大な財産を、あの世に持っていこうとせず、この世で困っている人、苦しんでいる人のために使っている。

「天が味方をしないで、黙ってるわけがない」と思う。

心あるならば、皆で応援して高須院長に無礼をはたらく悪党を成敗したいと思う。

わたしも高須院長を見習って、規模が全然違いますがマネをさせてもらっています。







コメント

コメントの投稿

非公開コメント